現場目線からの2017年1月セール初日動向速報レポート(大阪キタエリア) - 実店舗の売上アップ特化型カスタムサポート。セイズオフィスのビジュアル・サポート

メディアで紹介

メディアに掲載されました

◆店長が読むブログ◆

現場目線からの2017年1月セール初日動向速報レポート(大阪キタエリア)

投稿日:

はじめに

本情報の目的

*今回はアパレル業界での情報です。
何卒、ご承知ねがいます。

今日から初売り、セールがほとんど
各地で行われました。

そこで、既に売れてるショップ、
売れていないショップと分かれます。
百貨店やモールなどで正確なデータは、
なかなかその日に貰えません。

現場では、販売員や店長の目利きで
お店の軌道修正をしていくことに
なります。

しかし、この目利きで軌道修正する
いうことがなかなかやっているお店が
少なく、大体の勘で軌道修正するお店は
まだましな方で、最悪の場合は、全く
軌道修正しないといったお店もあります。

この目利きが鋭い店長のお店は、

やはりお店の結果を出してきます。

正確な数字やデータは必要ない!

が売れてるお店の特徴なのです。

本当の売れる!お店というのは、
その場で、お客様の購買動向や、
廻りでの売れてる様子を敏感に
キャッチし、目利きを信じて、
即座にお店の軌道修正を実際に
実行に移しているお店なのです!

私もお店のトップをしていた時も、
この目利きを最大の強みとして、
お店の売上アップに成果を出して
きました。

今日も、その目利きを活かした
セール速報なので、全く数字の
裏付けはないですが、このような
情報がいつもお店で活かしていた
情報です。そこで今回、即座に活かせる、
ディスプレイと声出しの2つの
側面での情報を挙げてみました。

ぜひ、百貨店やショッピングモールで
ご勤務されているショップ関係の
皆さまにはぜひ、明日からのお店の
軌道修正の参考にして頂ければ幸いです。

参考にした百貨店、
ショッピングモール

・ディアモール大阪
(レディース)
・梅田大丸
(レディース、メンズ)
・阪急百貨店梅田本店
(レディース)
・阪急メンズ大阪
(メンズ)

参考にした時間帯

・16:00~18:00の2時間

本情報の注意事項

・あくまで個人的見解の情報です。
・アパレル店舗メインの情報です。

ディスプレイの見解

入店の多いお店の特徴

テーマ分類がレイアウトの軸
(アウター、インナー、ボトムスの
コーディネート分類が基本構成です。
お客様も目が肥えています。
コーディネートのイメージから
商品を手にするといった傾向にあります。
セールといえども、いいモノを
欲しいという欲求からくるものだと
思いますので、アイテム分類だと、
お客様にはイメージが伝わりにくい
のでぜひテーマ分類を)

ニットなどの軽衣料をメインにした
ボディ、マーケットテーブルを導線
の一番多い場所で展開している。
(メンズ大阪のtomorrowlandでは、
ローゲージニットをメインに展開し
入店促進していました)
ニットなどの軽衣料は、どのお客様に
とっても買いやすいアイテムです。
それをメインにすることで、入店が促進
されます。ただ、それを出せばいいと
いうものではなく、やはり、きちんと
コーディネートで展開することを
おススメします。

アウターは、売れ筋を見極めて、
少量でテーマ分類の中で展開している
(あの梅田阪急特設ステージでセールを
しているm.i.dでさえ、ダウンは1つの
テーマに対して1品番2本出しのみ)
セールアウターがそこまで売れている
感じがしなかったため。
量を出して、いつまでも消化できなかった
場合、売れ残りに見えるので少量出しに
切り替えて補充していくという戦略に
しているところが案外アウターが
売れています。

セールポップをむやみに出していない
(商品があくまで主役で、セールをしている
ことはお客様は知っている状態なので、
セールポップは、ゾーンやカテゴリーで
1つで充分効果あります)
あくまで、商品にフォーカスをあてる
ことに注力してください。

50%以上のOFF率の商品は、それこそ、
セールポップを使って%表示して展開
(お客様はセールであることは
知っていても、OFF率は知りません。
50%以上のOFFはお店の強力な
集客ネタになります。
目立つところで%表示が見えるように)

暇なお店の特徴

重衣料中心の重たい売り場

アイテム分類でただ出しているだけ
(50%OFF以上の目玉商品は別)

プロパーとセールが混在している
(わかりにくさ満開。一部店舗で
プロパーかと思いきや、セール値札を
つけ忘れということもあったので
混在すると何かとトラブルになる)

導線を什器やボディで塞いでいる
(セールなどで追加した什器やラック
などで導線を塞いでしまったため、
買い回りしにくい)

商品同士がひっつくほど、ラックに
いっぱい詰まった感じで展開している
(売れていないように感じるのと、
単に取り出しにくい。適度な本数を
意識してセールでも見やすく、
取り出しやすいように)

暇でかつお店がきれいすぎる
(きれいにお店をすることは大事
なのですが、暇が続いた時ほど
お店がきれいすぎると逆に、
お客様からすれば入りにくい。
がっつり接客されるんではないか?
など防御反応からくるものです。
ディスプレイの変更をしてお店に
動きをつけながらお客様が入りやすい
環境を作る意識を持ってください)

セールの声出しの見解

入店の多いお店の特徴

全員が自然にいつもの接客より少し
声のトーンをあげている。
(お客様が多数入店されると、店内が
賑わうので普段の接客の声では、
お客様にそもそも聞こえない。
よって、そこを意識して全員が実行する
だけでも活気のあるお店になります)

お店の入り口で声出しする場合は、
入店の邪魔にならないように、声を
導線から外すように心がけている。
(意外と盲点かも知れませんが、
入り口で声出しをしている販売員の
声が導線に向いていると、お客様が
入店しようと入り口に近づいた時、
その大きな声がダイレクトでお客様の
耳に入り不愉快な気持ちになり、
結局入店しないといったことが
あります。現に、今日もそのような
お店があり私もそのような気分に
なりましたので注意です)

お店の入り口で声出しする内容も、
具体的なお得情報を端的に言っている
(もうよくある話しですが、特に、
レディスで多いのですが、
タイムセール開催中です!は
本当に耳によくします。ただ、
聞く側としてはもう飽きています。
せっかくなら内容に工夫を)

商品を手に持って声出ししている
(意外と侮れない手法です。今のお客様は
目が肥えています。いいモノを安く買いたい
という心情です。ですから、実際に、
商品を手にしながら声を出して説明する
ことで、多数のお客様に同時に接客する
ことになり、お客様も実際に商品を目に
しているので欲しいと思うお客様は
近寄ってきます)

暇なお店の特徴

お店の入り口でただ単に声出し

内容もタイムセールです!の一点張り

暇な状態の時に大声で声出し
(暇な時は品出ししたり、ディスプレイを
変えたり、声出しなら心地いい声の
大きさを意識しましょう。暇さが余計に
強調されるので逆効果になります)

目利き情報のまとめ

今回のセール初日で4つの施設を
巡回しましたが、お客様が吟味して
お買い物をするという、

『いいモノをお手頃価格でGET!』

という意識でいろいろなお店を廻っている
という傾向が強いのかな?と感じました。

ですから、ディスプレイの精度も
プロパー時と変わらないレベルが
求められるので、ますます、
お店側のスキルが求められている
ような気がします。

百貨店の平場は除いて、店舗で構えている
お店はアイテム分類だけは避けましょう!
本当に売れている感じはなかったです。

梅田大丸の1階でレディースボトムスの
集積ラックがありましたが、唯一、そこは、
売れていた感じがしました。
それも、別会場としての展開だったので、
お客様からすると珍しさもあってお買上に
繋がったのではないかと分析します。

そして、明日からは、日に日に、
セールのモチベーションは下がる一方です。
そんな心理を逆手にとった売り場づくりの
変更がこれからは求められます。

【明日からの5つの変更点】
◆プロパー同様のテーマ分類

◆ラック感覚も詰め込みすぎない

◆50%OFF以上は目玉商品として、
%表示のPOPと一緒に前面展開

◆鮮度の高いプロパーも出していく
(テーマが近いセールの近くで展開
ボディ展開してもいいでしょう)

◆間口には軽衣料のコーデで打ち出す

明日からはより、商品を吟味して買われる
お客様が多いと予想されるので、
少しでも売れ筋は前に出して、売れないもの
は無理してださずに鮮度のあるプロパー品を
出すことをおススメします。

そして、最後に、

セール時期こそ、日に日にお客様のニーズが
変わります。昨日良かったモノが今日は
あまり人気がないなどよくある話しです。

いつも他のお店ではどう仕掛けているのか
チェックすることを怠らずにして、

『必ず、毎日、修正、行動する!』

成果を出せている人は必ず動きます!
成果が出ていない人は必ず動いていません!

動いて反応なければ、また修正行動を
するのみです!

あきらめたり、立ち止まってた途端に、
お店はゲームセットになります。

セール時期は連勤でお疲れかも知れませんが、
ここが1年で一番くらい大事な時ですので
お店でお仕事されている全ての関係者さま
頑張って乗り切ってください!

関連記事

現場目線からの2017年7月セール動向速報レポート(大阪キタエリア)
⇓⇓⇓
http://says-office.com/reader-management-blog/3829/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ誘導定型文

最後までご覧頂き、
ありがとうございました。

お店の売上を上げる!って、

ほんとに、大変

ですよね?

そんな、店舗ビジネスに
熱血なあなたに、

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

売れる!お店のつくり方
~7つのコンテンツ~

漏れなくプレゼント中!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

よろしければ、
無料ですので、
お受け取りくださいね。
⇓⇓⇓

★無料プレゼント★
売れる!お店のつくり方
~7つのコンテンツ~

⇒こちらから受け取ってくださいね!

セイズオフィスは、
あなたの強いミカタです!

ぜひ、お店の売上アップで
お困りでしたら、

下記からご遠慮なく
メールにて
お問合せくださいね。

⇒無料でメール相談してみる

カテゴリーバナー

キーワードバナー

検索バナー

検索

-◆店長が読むブログ◆
-, , , , , , ,

Copyright© 実店舗の売上アップ特化型カスタムサポート。セイズオフィスのビジュアル・サポート , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.